愛犬の健康を守る|皮膚病などの病気の特徴や対策

動物

皮膚病の特徴と対策

獣医

ペットで犬を飼う人は多く、最近ではペットショップでも様々な犬種を見かけます。ペットも家族ですから、犬の健康にはより一層気を配りたいものです。犬は皮膚病にかかりやすく、皮膚病にも数種類あります。いつ、どの皮膚病にかかってもおかしくないので、どのような症状があって、どのような対処法があるかということを確認しておきましょう。慢性的で治すことが難しいとされているのが、アレルギー性皮膚炎です。目の周りや耳、後肢にかゆみがあり、赤くなることが特徴です。もしまぶたに炎症があらわれたり、四肢の先をずっと舐めている様子がみられたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。犬のアレルギー性皮膚炎は、遺伝の場合もあります。また、免疫力が低下していたり、体質に合わない餌を食べたことにより発症することもあります。

治療ではまず、何が原因でアレルギー性皮膚炎を発症したのかということを調べます。動物病院で検査を行ない、餌が原因だった場合は、違う餌に変えることで症状が治まるということもあります。アトピーが原因の場合は、薬やサプリメント等で症状を抑えるという治療に入ります。飼い主ができる対策としては、免疫力が低下しないよう、ストレスをためない環境づくりをすることです。散歩に連れて行ったり、ドッグランなどで思いっきり遊ばせることも効果的です。日頃から愛犬の様子に気を配り、皮膚病の予兆がみられないか、身体に異変はないかなどを確認する習慣をつけましょう。いち早く異変に気付くことで、愛犬の健康を支えることができます。

ペットにも色々と

ドッグ

ペットというと、イメージ的に犬や猫を想像しがちですが鳥や小動物のうさぎ、フェレット、爬虫類まで存在します。数は少ないですが、小動物や爬虫類に対しての保障も完備してあるペット保険もあります。

もっと読む

安全な暮らしのために

犬

大切なペットを飼っているなら、定期的にトイレの清掃を行なっておきましょう。動物の糞尿にはあらゆるバイキンがひそんでいるので、そのまま放置していると人間にも弊害が生じる可能性があるでしょう。

もっと読む

チワプーと皮膚病

ドッグ

ミックス犬の中でも人気の高いチワプーですが、皮膚病などの病気にかかりやすい犬種でもあります。皮膚病にならないようにブラッシングやシャンプーをこまめに行ない、皮膚を清潔に保つようにしましょう。

もっと読む